楽●天 :

+ Total: 111997 + Today: 0002 +
野鉄砲の平穏なる日常
やってみよう 見てみよう!* Admin *|RSS

DKLog.JP::Diaryあしあと
重要:日記サービス終了のおしらせ

■ 2019/01/21 リスト作成10周年企画 第20回 男性声優部門
■ 2019/01/19 今年初めての取材とグロッキー
■ 2019/01/18 リハビリのこと その1
■ 2019/01/17 70歳の血管年齢と壊れたドアホン
■ 2019/01/16 重い荷物とたまったCD-ROM
■ 2019/01/15 仕事の依頼とお洗濯
■ 2019/01/14 ケータイのアドレスとTSUTAYAのカード
■ 2019/01/13 入院通知のこと
■ 2019/01/12 巡回サイトと床屋さん
■ 2019/01/11 印刷所の片づけとたまった古新聞
■ 2019/01/10 リスト作成10周年企画 第19回 女性タレント部門
■ 2019/01/09 倒れた日のこと
■ 2019/01/08 リスト作成10周年企画 第18回 男性タレント部門
■ 2019/01/07 途絶えた仕事と携帯電話
■ 2019/01/06 ケータイ操作と万歩計
■ 2019/01/05 初もうでと新しいケータイ
■ 2019/01/04 スーパーファミコンと全身もみほぐし
■ 2019/01/02 箱根駅伝と老化現象
■ 2019/01/01 二人の甥っ子とお年玉

リスト作成10周年企画 第20回 男性声優部門
本当は日曜のうちに代々木上原の原稿を終わらせる予定が、やはり原稿を書くスピードが遅くなっているのか月曜の夜になってから完成。さて、追加の1ページ分の残り15本の原稿を進めねばなりませんが、夜更かしして原稿を進めるのはやめておいたほうがいいかな。

それでは存命人物リスト作成10周年企画で男性声優部門となります。男性声優はこの10年間で38名が亡くなり現在85名となっています。全体の4分の1が亡くなられているので訃報が多かったジャンルとなります。リスト作成時に最高齢だったのは星一徹を演じた加藤清三さん。その後、スナフキンを演じた西本裕行氏が最高齢となり、現在ではお茶の水博士を演じた勝田久氏が1927年生まれで最高齢です。

しかし、男性声優は野沢那智、滝口順平、青野武、納谷悟郎、内海賢二、永井一郎、大塚周夫、たてかべ和也、大平透、肝付兼太と錚々たる顔ぶれが亡くなられています。いや、ここに名前を挙げた人だけでも一部に過ぎません。ジャイアンもスネ夫も磯野波平もラオウも亡くなられていることにショックを禁じません。単に古いアニメよりも北斗の拳やドラゴンボールなど80年代アニメで亡くなられた人が多いんですよね。次回は女性声優部門となります。




2019/01/21 (MON)
▲Top

今年初めての取材とグロッキー
今日は初取材ということで代々木上原まで行ってきました。追加の1ページ分があるから初仕事ではありませんが初取材です。代々木上原といっても駅から徒歩12分で、かなり歩くのでケータイの歩数計は十分にかせげます。

小田急線に乗ると同時にお腹が痛くなりましたが、代々木上原なら急行で一駅なので恐れるにたりません。いや、ちょっと危なかったけどね。しかし、朝9時半から始まって夕方4時半終了というのは長い。しかも、予定よりも遅れて終わったのは5時だし。久しぶりの長丁場の取材にさすがにグッタリだ。

帰ってきたのは夕方6時ぐらいですが、取材で撮影した画像や録音した音声データは保存したものの原稿を書く気力はありません。取材に行く前は追加の2ページ分の原稿を2本ぐらい終わらせるかと考えていましたが、それも無理だ。代々木上原の原稿を日曜のうちに片付けて早く追加の1ページ分を終わらせねばいけませんね。

2019/01/19 (SAT)
▲Top

リハビリのこと その1
昨日、届いた追加の1ページ分は全部で20本の原稿になりますが、まずは5本が完成して残り15本。1日に完成した分量としては少ない方ですが、最低限の目標だけはクリアできました。それでは入院時の思い出を振り返りたいと思います。

入院時にやるべきこととなるとリハビリになりますが、リハビリは3種類あります。ランニングマシンで走ったりして体を動かす理学、碁石をつかんだり手先の器用さが求められる作業、絵を見て物語などを考える言語の3つ。いや、言語以外の2つを忘れていて病院のサイトを見て思い出しました。

この3つは墨東病院も、その後に転院した東京都リハビリ病院も同じですがリハビリの時間が全く違います。墨東病院は1つのメニューが20分で午後1時から午後2時の1時間で済ませるので、お見舞いに来る人にも、その時間はさけてと言うだけでした。

しかし、東京都リハビリ病院は1つのメニューが1時間で、何時にどのメニューを行うかは、寝ているうちに看護師さんが紙で貼っていきます。家族には朝になってからリハビリの時間を伝え、見舞いの時間を変えてもらうことができますが、それ以外の見舞客は運が悪いとリハビリが終わるまで3時間待ちなんてこともあります。ちなみに家族以外で東京都リハビリ病院にまで見舞いに来たのはS新聞の社長だけで、その時は1時間待ちで済みました。

リハビリの内容を書いていこうと思いましたが、長くなりそうなので、また今度ということで。

2019/01/18 (FRI)
▲Top

70歳の血管年齢と壊れたドアホン
病院からは1月19日頃に来てほしいと言われてたけれど、19日に取材が入ったので、今日病院に行ってきました。こういった時、予約を入れないタイプの病院は便利だと思います。年末に行った採血や動脈硬化の検診の結果が出ましたが、血管年齢は約70歳代でイエローゾーンとのこと。食べ物を気を付けるようになったとはいえ、野菜嫌いは変わらないから中性脂肪が高いんだわ。

次の検診は2月中旬になりますが、血圧の薬は飲み続けますが、胃腸の薬はとりあえずストップです。入院当初から念のため飲んでましたが、とりあえずやめて様子を見ます。まあ、飲む薬は少ないに越したことはないですからね。それと胃カメラの検査をするか言われましたが迷っています。20年前ですがバリウムすら飲めなかったですからね。とりあえず今日のところは保留で、次ぐらいに返事をすることになってます。

とりあえず1月の診察を終えて帰ってきましたが、ドアホンが壊れて鳴らなくなってるのが気になりました。数日前に気付いたのですが、いつから鳴らなくなってたのだろうか。不動産屋に確認したところ、おそらく電池切れなので電池を交換すれば直ると言われました。ドアホンの電池の場所など全然分かりませんでしたが、言われた場所を開けて単2電池4本を交換したら直りました。

さて、追加の1ページ分が届いたので長かった正月休みも終わりですが、届いたのが夜11時なので仕事に取り掛かるのは明日からになります。日記の保存は2014年1月まで到達しました。このあたりはmixiでも日記を書いているので大丈夫ですが、5年前とは思えないぐらい最近のことのように思います。

2019/01/17 (THU)
▲Top

重い荷物とたまったCD-ROM
先週の金曜日に印刷所に行ったばかりですが、今日も印刷所に行ってS新聞の荷物を片付けることにしました。1月下旬から2月中旬にかけて忙しくなりそうなので、最後の片付けということでキッチリと締めさせていただきます。

残っているのは机の下の荷物だけなので、これをカバンに入れて終了…と思ったら、予想以上に荷物がありました。ほとんどがCD−ROMですが、全部持って帰ろうと思いましたが、あきらめて印刷所のゴミ箱行きとなりました。

カバンがいっぱいで持ち帰るのも大変ですが、もう1回片付けにくるのはありえないので、頑張って持ち帰ることにしました。印刷所には置き傘があって、K新聞でも印刷所は利用しますが、最近は自分が印刷所に行く機会が少ないのでカサも持ち帰ることにしました。

というわけで印刷所に残されたS新聞の荷物の整理は終了。その多くはゴミ箱に捨てられることになりましたが…。近いうちにS新聞の社長に会って、捨てられなかった荷物をどうするか聞こうと思います。

日記の保存は2013年7月まで終了。mixiの日記は9月15日から始まるので、1月末までに絶対に保存しなければいけない範囲は、あと1月半となりました。

2019/01/16 (WED)
▲Top

仕事の依頼とお洗濯
今日は色々と仕事の連絡がありました。一番最初の依頼は1月21日の、茨城県牛久の取材。引き受けても問題無いと思ったのですが、調べてみたら牛久駅から6km離れていて、どうやっていけばよいか分からない。そのことを伝えると、タクシーを使うほどの取材ではないということでキャンセルとなりました。

次の依頼は2月2日の北千住の取材。土曜日であるのと、翌日の3日の日曜も取材という難点はありますが引き受けました。最後の依頼は1月19日の代々木上原の取材。こちらも土曜日でありますが引き受けました。

色々と大変ではありますが、ちょうど日記の保存で2012年のところを読んでいますが、あの頃に比べればましです。S新聞とK新聞と月刊誌に加え、エコプロダクツとかイベント取材も引き受けてましたからね。当時は鼻血が止まらなくなって救急車で運ばれてますが思えばあれが前兆だった。

とにかく今日はまだひまなので洗濯を済ませました。1ヶ月ためこまず半月程度で洗濯しようという目標は果たせました。とにかく忙しくなる前に、洗濯だけは片付けておいた方がいいでしょう。日記の入力は2012年12月まで終了。2019年1月まで保存する予定ですが、とりあえずmixiの日記があるので2013年9月まで保存すればどうにかなります。

2019/01/15 (TUE)
▲Top

ケータイのアドレスとTSUTAYAのカード
眠っていたら午前5時頃にケータイがメールを受信。バイブが振動しただけで、音はなりませんが、聞きなれないバイブ音なので目が覚めました。内容はauからでデータ容量が残り少なくなっているので、新しいプランに切り替えませんかとのこと。メールはほとんどやらないし、ホームページは全く見ないのに何かの間違いではと思いつつ再び眠りの世界に落ちました。

そして午前10時になったところでauに確認。とりあえず送ってきた相手のアドレスを知るため、ケータイを切って家庭電話にかけてもらい、アドレスを確認したところauを騙った迷惑メールだと分かりました。パソコンと違ってアドレスの見方が分からなかったし、本物そっくりだからわからなかったよ。その後、auから10数件の迷惑メールをブロックしていると報告するメールが入ったので、今のアドレスは簡単すぎたかと反省してアドレスを修正しました。

さて、いつもこの時期にTSUTAYAのTカードを更新していますが、更新の案内がこないのでTSUTAYAに行ったらハガキでの案内はなくなったとのこと。するとメールでの案内を見落としたかと思いつつ更新しました。まあ、この1年で1本もビデオを借りていませんが、Tポイントはためているので継続させます。

ウォーキングは曳舟のブックオフを目標に歩き始めて、無事にたどりつきましたが、小村井から曳舟までは予想以上に遠いんだよな。ブックオフでは何も買わず、帰りは徒歩を断念して電車で帰宅。それでも8000歩は歩いたので、帰りも歩いたらヘロヘロになっていたと思います。日記の保存は2012年2月まで到達。とりあえず、あと1年半保存すればmixiの日記にたどりつけるな。

2019/01/14 (MON)
▲Top

入院通知のこと
ウォーキングをしてるけれど、この前は寒くて断念した荒川の河川敷を歩いてきました。いや、本当に荒川の河川敷までが遠いんだ。京葉道路から荒川の河川敷に出て、蔵前橋通りまで歩いて帰宅。これで1万歩に到達しましたが、やっぱり疲れたな。ちなみに日記の保存は2011年6月まで到達しました。

さて、入院時の思い出ですが、家や仕事先にはどうやって伝わったかです。自分は意識がなくなった覚えはなかったのですが、後に分かったことですが、病院の人が自分のPHSに残っている電話番号からかけまくったそうです。えー、人の電話から勝手にかけたのかよと言いたいところですが、その時の自分は家の電話番号も答えられない状態だったのか。

いったいどこの誰に電話をかけたのか、いまでも分からないのですが、電話帳よりも着信履歴からかけた可能性が濃厚です。一番、先に病院にかけつけたのは83歳になるS新聞の社長でしたが、おそらく倒れた日の午後に病院にきたと思います。

前日の土曜日に何度も電話したから当然と言いたいのですが、S新聞のライターやS新聞の川柳を担当している人に電話がつながり、そこからS新聞の社長に連絡がいったそうです。社長が来たとき、普通に対応した記憶がありますが、どういう会話をしたのか全く覚えていません。

家にも比較的、はやく連絡がいったのですが、父親しか家にいない状態で電話に出て、病院の名前を覚えられなかったようです。母親が電話に出た時は日曜の夜だったので、その日はあきらめて翌日の月曜に妹と母親が見舞いに訪れました。その時はちょっと舌が回らないけれど大丈夫そうな感じだったそうです。

さらにK新聞から見舞いが来たのは、おそらく入院3日目の水曜日。退院後、どこから連絡が来たのか聞きましたが、忘れてしまいました。K新聞の人は見舞金を棚に置いていったのですが、その記憶が無かったので、最初に入院した墨東病院から次の東京都リハビリテーション病院に移る時、棚の奥から見舞金が出てきました。

いや、PHSの中からどこまで電話したのか気になるところですが、自分が入院したことに気付いていない人も多かったので、そこまでメチャクチャにかけたわけではなさそうです。うん、確認できないから、そうしておこう。

2019/01/13 (SUN)
▲Top

巡回サイトと床屋さん
今日は髪がいい加減に伸びてきたので散髪してきましたが、だいたい2ヶ月ちょっとで散髪しているな。もう少しほっといても良いのだが、忙しくなると床屋に行く余裕がなくなるからな。

さて、相変わらず日記の書き写しを続けていますが、2009年9月2日から2010年7月1日の日記は消失しています。それというのも、その期間だけ他の日記サイトに浮気していたから。油断して使っていたら突然、サイトが焼失して日記が失われました。

用心として随分前から定期的にWordに何が起こったか簡単な日記は書き残してきたので、何があったかは分かりますが2〜3行程度の簡単な日記なので消えたのが悔やまれます。10か月間とはいえ、この間には石垣島取材を筆頭に、小田原城址公園のゾウのウメ子が亡くなったり、PHSを新しい機種に買い替えたり、静岡を一緒に取材したライターさんが亡くなったり、印刷所が埼玉から現在のところに変わったり色んなことがありました。

実は色んなサイトを巡回して保存しているサイトがあって、調べてみたところ、このサイトは2010年4月1から15日まで半月間だけ保存されていました。たった半月ですが念のためWordに保存しました。ちなみに、この巡回サイトでは、だいすけ日記よりも前に使っていた、すくすく日記は2001年7月から2003年5月まで日記が全部保存されているんですよ。

何はともあれ2010年10月まで保存完了。とりあえず2013年9月からはmixiの日記があるので、1月末までにあと3年分を保存すればいいわけだ。

2019/01/12 (SAT)
▲Top

印刷所の片づけとたまった古新聞
まあ、2日連続でグダグダするわけにもいかないから、印刷所に残されたS新聞の荷物を片付けに行ってきたですよ。年末にロッカーを空にしてきたから、今度は机の引き出しや机の下に放置された荷物を片付けることが目標だ。

その結果、引き出しは全部片付いたけれど、机の下に少しだけ荷物が残された。もう一回で全部片付くけれど、次回に持ち越しだな。今回の片付けのメインであった、机の下に積まれていた新聞は片付けることができました。自分がS新聞を手伝うようになったのは2012年5月から。そこから今までの新聞は全部取ってありますが、問題はそれ以前の新聞だ。

2012年5月よりも前の新聞を1部ずつ確保していきますが、2008年から後の新聞が多いのは、その頃から今の印刷所を使っているから。実はK新聞とS新聞は同じ印刷所を使っていて、2008年より前は埼玉の印刷所を使ってました。今回、見つかった新聞で最も古かったのは2000年4月の新聞なわけで、ほぼ20年前の新聞です。

この新聞がなかなか重かったのですが、どうにか持ち帰ることができました。日記は2009年6月まで入力完了。今日は片付けに専念したので半年分の入力ですが、2009年10月から2010年2010年6月は日記のデータが失われた9ヶ月なので、すっとばすことができます。

2019/01/11 (FRI)
▲Top

リスト作成10周年企画 第19回 女性タレント部門
今日は印刷所に残されたS新聞の荷物を片付けようと思ったのだが、あまりの寒さに出かけるのを控えてしまった。一日でも早く片づけを済ませたいとは思うのだが、またということで。その他には日記は2008年12月まで保存しました。

さて、それでは存命人物リスト作成10周年企画の19回目は女性タレント部門…の前に一昨日に書いた男性タレント部門で「お笑い三人組」に出演した一龍齋貞鳳は3年前に亡くなられれていたそうで、10年間で亡くなられたのは34名になります。

女性タレント部門ですが、あまり若い人はリストに載せないので全部門の中でも最も数が少なくなります。10年間で6名が亡くなられて、現在リストには20名が名を連ねています。

女性タレント部門は1915年生まれの水の江瀧子が最高齢でしたが、2009年11月に亡くなられてからは、1922年生まれの内海桂子師匠が最高齢です。なお2位にあたる海原小浜、京唄子が亡くなられたので、現在の2位は浅香光代です。

ちなみに存命の20名のうち3名は、かしまし娘が占めてるわけで、3位の正司歌江は1929年生まれ。そして4位が黒柳徹子で1933年生まれとなります。この10年間で亡くなられた6名のうち3名は紹介しましたが、あとの3名は、今いくよ、十勝花子、野村沙知代となります。次回は男性声優部門となります。

2019/01/10 (THU)
▲Top

倒れた日のこと
やっとケータイにPHSの電話帳を移し終えたぞ。いや、全部で20名ぐらいだから、そんなに苦労はしなかったな。まだ、新しいケータイの機能を使いこなせていないけれど、とりあえず使えるからOKだな。それと日記のWordへの移し換え作業は2007年10月まで来たけれど、1日かけても1年も進まないか。

さて、これから入院時の出来事を何回かに分けて書いていきたいと思います。時系列順ではなく思いつくままに書いていきますが、第1回目は最初に倒れた時のことから書いていきます。脳の血管が破れて入院したのは7月1日の日曜日の朝でしたが、前日の土曜はS新聞の制作で印刷所に入ってました。土曜には新聞は完成せず、月曜に持ち越しとなり、日曜はK新聞の原稿を書こうと思ってました。

月曜は忙しくなりそうだなと思いつつ、土曜日の日記を日曜の朝に更新しています。その時に測った血圧が上が194・下が140で、かなりあせったことが書かれています。そして、この日記を書いてから倒れるまで、どれぐらい時間がかかったのか思い出せない。日記は書けているから、この時点では大丈夫なんだよな。

別に頭が痛くなったわけではないけれど、何だかやばいと思ったので、救急車を呼ぶ前に、呼ぶべきかを判断する番号があるから、その番号をネットで調べようとしたら、マウスを動かすことができなくなっていた。マウスを動かそうとするとマウスをクルクル回しちゃうんだ。そこで救急車を呼ぼうと電話をかけたら、ろれつが回らなくなっていて、どうにか住所を伝えたのを覚えている。

そして救急車が来たと思って、アパートを出て呼ぼうと思ったら、階段を降りることができない。「そのまま、そこにいて」と隊員に言われて、かつがれて階段を降りたけれど、途中でPHSを落としたりしたのを覚えている。

常に意識はあったような気はするが、ボーっとして救急隊員との、やり取りもちぐはぐだったような気が。救急車が病院に着いて中に運び込まれた場面も覚えているけれど、最初に数日間は江東区の病院なのに、何故か御茶ノ水あたりの病院に運び込まれたと思っていた。

トイレにも行けない状況なので、尿道に管を通したのだが、恥ずかしいとも痛いとも思わずに、あー通すんだとしか思わなかった。2〜3日で外すんだけど、その時も、あー外すんだとしか思わなかった。その管を通している時におしっこをしたのかどうかも覚えていません。

2019/01/09 (WED)
▲Top

リスト作成10周年企画 第18回 男性タレント部門
ヒマであるけれど何をやっているかと言うと新しく買った電話の電話帳を打ち込んでいるのである。元々、PHSの電話帳には、それほど入っていませんでしたが、新しい電話帳に移さない分もあるので、それほど時間はかからないと思います。

それと、だいすけ日記のサイトが消えるということで、ここまで書いた分をWordに移しています。これがなかなか大変で、昨年末からやっていますが2007年1月までたどりつきました。2013年9月からはmixiに同じ内容の日記を書いているので残すは6年半です。

さて、存命人物リスト作成10周年企画の18回目は男性タレント部門です。男性タレントは現在74名で、この10年で33名が亡くなられました。そして男性タレント部門の最高齢者は10年前も今と変わらず現在94歳の獅子てんやさんです。相方の瀬戸わんやさんは93年に亡くなられましたが、自分が子供の頃は色んな番組の司会進行役をやられていました。

10年前の三遊亭圓楽の訃報から始まり去年の桂歌丸の訃報まで、期せずして笑点の司会で始まり笑点の司会で終わっています。レツゴー三匹はレツゴーじゅんとレツゴー長作が亡くなられてレツゴー正児だけになってしまった。

クレイジーキャッツは谷啓と桜井センリが亡くなって犬塚弘さんだけになってしまった。犬塚さんは男性タレントではなく国内男優部門に入ってますが…。お笑いタレントから必殺シリーズに出ている人も多いのですが、花紀京と江戸屋子猫(猫八になってましたが)が亡くなられました。

その他にも一部を挙げれば、喜味こいし、坂上二郎、宮尾すすむ、小野ヤスシ、立川談志、牧伸二、愛川欽也、海老一染之助などが亡くなられています。次回は女性タレント部門となります。

2019/01/08 (TUE)
▲Top

途絶えた仕事と携帯電話
世間では本格的に仕事始めといったところだが、自分はいたってひまなのである。もともと1月は1年で唯一、仕事が少ない月なのだが、S新聞が廃刊となってしまったため仕事が少ない。おまけに、ここ数年はK新聞の茗荷谷の取材で仕事始めだったのが、今年からなくなったので仕事がないのである。

とりあえず取材は1月23日まで無いのだが、その前に1月18日頃には追加の1ページ分が届くはず。いずれにしても、あと2週間ぐらいはヒマな時が続くのである。まあ、その間にS新聞が印刷所に残していった荷物を片付けるという作業も残っているわけだが…

とりあえず今日はやることがないので、ケータイの設定をいじってました。最大の難関だったメールアドレスは、ようやくやり方が分かって単純なアドレスに変えることができました。ほかにも分からないことは山ほどありますが、振込先も郵送してようやく自分のケータイになったというところでしょうか。ちなみに、これまで使っていたPHSが本当に軽かったんだと改めて実感しています。

2019/01/07 (MON)
▲Top

ケータイ操作と万歩計
ケータイが使えるようになったから、色々と設定を変えているのだが、説明書を読んでも今一つわかりにくい。まずはメールアドレスを変えたいところだけれど、これが良く分からない。さらに支払先も変えて書類を郵送する必要があるのだが、これも良く分からない。月曜にauに電話して聞くとするか。

寒いと家にひきこもりがちになるけれど、お昼に家を出たついでにウォーキングで錦糸町まで歩いてきました。病院まで歩くのに比べたら、大した距離ではないけれど軽い運動にはなります。ウォーキングから帰ってきてケータイを見たら、光が点滅しているので確認すると万歩計の目標を達成した合図でした。

そういえば万歩計の設定をいじったんだっけ。目標の歩数は見ないで閉じたけれど初期設定の目標に達したらしい。しかし、上着のポケットに入れているだけなのに、思った以上に正確に測れる万歩計に驚きだわ。

2019/01/06 (SUN)
▲Top

初もうでと新しいケータイ
地元の小田原ではどこの神社にも行かなかったので東京で改めて初もうでです。近所の香取神社には毎週のように参拝していますが、今日も香取神社を参拝してから、もう少し足を延ばして亀戸天神へ。1月5日だとどちらの神社も参拝者で行列が出来ていましたが、10分待ち程度で参拝することができました。

初もうでも澄んだところでPHSを新しいケータイに切り替える作業に移ります。何しろケータイやスマホを無視してPHSを使い続けてきたので何が何だかサッパリです。それでも説明書に書いてある番号に電話して10分ぐらい待ったらケータイには切り替わりました。ちなみに電話番号はPHSの番号と同じなので面倒な手続きはりません。

しかし、メールアドレスは初期設定のアドレスだと複雑なので変更したいのだが、これが今一つ分からない。それとPHSに入っていた番号をケータイに移し換えたいのだが、これも手間がかかりそうだ。まあ、一応は新たにケータイが使えるようになったから、今日のところはこれで良しとするか。

2019/01/05 (SAT)
▲Top

スーパーファミコンと全身もみほぐし
1月3日も箱根駅伝の復路をテレビで見て、あとは散歩したぐらい。ちなみに帰省中はスーパーファミコンをやっていましたが、カセットよりも本体が限界かも知れん。何度も差し込んで、ゲーム画面がつく時があるという状態。一回ついたら電源を切らずに、ずっと点けっパなしにしています。

ちなみに今回、プレイしたのはトルネコの冒険。幸せの箱を取ってエンディングを見たのに加え、奇妙な箱を取ってきました。証明の巻物を取ってくる気力はありません。

そして1月4日は中学の友人のK藤くんと会ってきました。4日だと仕事はじめかなと思ったけれど、会えて良かったよ。去年の正月に借りた必殺仕掛人のDVDも返すことができました。

そして、半年遅れの誕生日ということで、全身もみほぐしにつれていってくれました。四十肩は治らないけれど、それ以外はスッキリしたよ。四十肩については、また改めて書くことにします。

そんなわけで4日の夜に東京に戻ってきました。戻ってきたものの仕事はないんですけどね。

2019/01/04 (FRI)
▲Top

箱根駅伝と老化現象
1月2日といえば箱根駅伝ですよ。実家が国道1号沿いに建っているので箱根駅伝で走る選手を生で応援できます。日テレが箱根駅伝を放送する前から、テレビ東京が途切れ途切れに放送していた頃から箱根駅伝を見ていました。

ここ数年の箱根駅伝のパターンとして中学の友人のY田くんと一緒に応援しています。Y田くんは1月1日の夜に小田原に帰ってきて、3日には千葉に戻ってしまうので、2日しか会う時がありません。Y田くんといえば言葉の間違いが多いのですが、広瀬すずの名前が自分も出なくて「姉妹で有名な芸能人」と振り絞ったら、「千葉すずと千葉アリス」って同じ名前だから千葉すずと間違えたのは分かるけれど、お姉さんの苗字まで変えちゃったよ。まあ、おかげで広瀬すずが思い出せたのだが。

Y田くんは自分が入院していたことを知らずに今回初めて知りましたが、Y田くんも8月に頭が痛くなって身動きが取れなくなり、病院に行こうとしたら予約が取れずに行けなかったそうです。治ってから念のため病院に行ったそうですが、脳から出血していたかも知れないと言われたそうです。自分も手術をしないで治ったので、自然治癒するものでしょうが、自分より軽い出血だったということか。でも、自分は頭は痛くならなかったけどね。

いや、自分たちも50歳になるわけで、気を付けないと病気になるかもしれません。周りの人間から病気の話が出るたびに怖いなと思いますよ。

2019/01/02 (WED)
▲Top

二人の甥っ子とお年玉
まず2019年になったからではなく、1月になったから日記のタイトルを変えなければいけませんが、1月は一休さんのタイトルから○○と××で統一していきます。

さて、1月1日は1年に1回、2人の甥っ子と会う日です。甥っ子が子供の時から、ずっと日記を書いているけれど、上の子は23歳、下の子は19歳になりました。下の子は1月が誕生日なので、もうすぐ20歳になるし、今年が成人式です。

上の子は東京に一人暮らしをしていて、小田原に帰ってくるのはお正月の時だけ。ちなみに野菜が大嫌いですが、同じく野菜が苦手の自分ですら驚くほどの野菜嫌いです。そして、今年はお年玉を両親は渡していましたが、自分はお年玉を渡しません。下の子も成人するのですから、お年玉をもらう歳でもないでしょう。

1時間ほど話して帰っていきましたが、下の子は医療系の専門学校に通っていて、3年制なので今年は最後の1年となります。本来ならどこかの病院に勤めることになりますが、はたしてどうなるのやら。

2019/01/01 (TUE)
▲Top

Writer: 野鉄砲