楽●天 :楽天はデジタル家電の新製品を随時ご紹介

+ Total: 103751 + Today: 0017 +
野鉄砲の平穏なる日常
やってみよう 見てみよう!* Admin *|RSS

DKLog.JP::Diaryあしあと

■ 2017/09/22 こういう時は嘘でも「うん」っていうもんだ
■ 2017/09/21 今はやられてても、絶対最後は勝つぞ!
■ 2017/09/17 命が大切なんじゃない!お前が大切なんだ!
■ 2017/09/15 こんなムチャなことはジャッキー・チェンに任せときゃいいのよ
■ 2017/09/13 いいってことよ、これも人助けだ
■ 2017/09/12 一人で責任背負ってかっこつけんじゃないよ
■ 2017/09/09 ずーっと一緒に元気に暮らすことが夢といえば夢かな
■ 2017/09/07 なせば成る、洗えば食える何物も
■ 2017/09/05 ついてるとかついてないとかって、そんなの関係ないよな!!
■ 2017/09/04 うんこまみれのザリガニ、略してうんざり
■ 2017/09/03 夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
■ 2017/09/01 何が計画通りだ!計画通りいかないから人生なんだ

こういう時は嘘でも「うん」っていうもんだ
金曜のうちにS新聞の原稿を片付けなければいけないといったところで、前回の日記は終わっていますが、現在は土曜の午後2時。結果から言うと、六本木、代々木その3、品川、千葉の原稿は終わって、千鳥町のインタビュー原稿だけが終わりませんでした。

インタビュー原稿は時間がかかるので、インタビュー原稿を終わらせて残りの原稿を後回しにするか、その他の原稿を終わらせてインタビュー原稿だけ後回しにするかの二択でした。インタビュー原稿が先方の確認があるので急ぐ必要がありますが、インタビュー原稿は次の号になる可能性もあるので、そうなることに賭けて残りの原稿を終わらせました。

とはいえ残りの原稿だけでもギリギリの状態。最後に残っていた代々木その3の原稿が終わったのは、土曜の朝の出かける15分前だったので日記を更新する余裕もありませんでした。というわけでインタビュー原稿だけが残った状態で、10月1日号の制作に向けてS新聞で打ち合わせです。

打ち合わせの結果、インタビュー原稿は次の号になったので、急ぎの原稿は無くなりました。なお、10月1日号は全部で12ページ。印刷所は祭日でお休みなので、打ち合わせを終えてから自宅に帰ってきて日記を更新しています。

というわけで千鳥町のインタビュー原稿が残っていますが、それよりも急ぎなので月曜の朝に入稿できるように10月1日号の制作を進めること。しかし、昨日の夜はほとんど寝ないで原稿を進めたので、そろそろ限界です。入稿の準備は一眠りしてからにしようかな。土曜の朝はカップめんの長崎ちゃんぽんをいただきました。どこのメーカーかは忘れました。長崎ちゃんぽんの頻度が高いですが、シーフードヌードルの野菜多めといった感じでお気に入りです。




2017/09/22 (FRI)
▲Top

今はやられてても、絶対最後は勝つぞ!
ああ、もう金曜の朝になってるよ。前回の日記が17日の日曜だから月曜から木曜がすっとんじゃったのか。それでは月曜から木曜の4日間をダイジェストでお送りするか。

さて、月曜は敬老の日で祭日でしたが、この時点で残っていたのは、S新聞の六本木、目白、代々木その3の3本の原稿とK新聞の追加の1ページ分、そして祭日ではありましたがS新聞の依頼で品川での取材でした。この取材が夕方からだったので出かける前に目白の原稿は先に終わらせました。月曜はこれぐらいですね。

さて、S新聞の原稿は残っているものの、そろそろ追加の1ページ分を進めていかないとまずいということでS新聞の原稿は後回し、火曜も夕方からS新聞の依頼で千葉での取材でしたが、出かけるまでに追加の1ページ分は20本のうち7本ぐらいは終わったかな。なお、千葉駅の改修が終わってから初めていきましたがガラッと雰囲気が変わってしまったな。きれいになりすぎて改札から外に出るまで以前よりも時間がかかってしまった。

そして、水曜はS新聞の依頼によるインタビュー取材で東急池上線の千鳥町駅まで行ってきました。先週の金曜にインタビューの日程が決まって安心したと言っていたヤツです。東急池上線は久しぶりのような気もするが、1年前に蓮沼の取材の時に乗ったな。千鳥町は初めて利用する駅だけどね。今回も蓮沼の時も蒲田から池上線に乗ったけれど、池上線の五反田駅が随分と利用していないな。

この火曜から水曜の取材の合間にも追加の1ページ分を進めていましたが、完成したのが木曜の昼ごろ。とにかくS新聞とK新聞の同時進行がつらいのでK新聞の原稿がすべて終わって少し気が楽になりました。それは良いのですが、S新聞の原稿がごっそりと残っている。六本木と代々木その3の2本にまで減ったのに、この数日間で品川、千葉、千鳥町のインタビュー原稿が追加されてしまった。

木曜の夜にはS新聞の社長から連絡があって、10月1日号の打ち合わせをいつにするかという話になりましたが、社長は「26日ぐらいでもいいかな」と言っていたのを、自分からの希望で23日にしてもらいました。26日ならば抱えている原稿をすべて終わらせてから打ち合わせに臨めるのに、自らの首をしめるようなことをしましたが、23日から始めないと絶対に新聞が期日までに完成しない。

というわけで金曜のうちに残っているS新聞の原稿を片付けなければいけませんが、インタビュー原稿が混ざっているのがつらい。これさえ無ければ土曜の打ち合わせまでに全部の原稿が片付くのにね。カップめんは水曜と木曜にマルちゃん「黒ぶたカレーうどん」とトップバリュー「ネギの香ばしさの塩やきそば」を食べたな。火曜もトップトップバリューのきつねうどんを食べた気がする。

2017/09/21 (THU)
▲Top

命が大切なんじゃない!お前が大切なんだ!
S新聞の7つの原稿とK新聞の追加の1ページ分を抱えたまま飛び込んだ3連休。すでに土日が終わって、祭日の月曜も昼になろうとしていますが、7つの原稿がなかなか終わらない。それでも代々木その1、代々木その2、高田馬場、目黒の4つの原稿が終わったので途中経過の意味を込めて日記の更新です。

思い描いていた構想では、月曜の朝までに7つの原稿をすべて終わらせるという流れでしたが、やはり思ったようにはいかないな。S新聞で残っているのは六本木、目白、代々木その3の3本の原稿。追加の1ページ分さえなければ楽勝なのですが、あまりグズグズしていると追加の1ページ分が間に合わなくなる。なお、月曜は夕方から取材なので、それまでに1本でも終わらせねば。

余談ですが、世界最高齢だったジャマイカの女性が亡くなられて、日本の田島ナビさんが世界最高齢となりました。この田島さんが19世紀生まれ最後の1人となります。自分は5〜6年前ぐらいから19世紀生まれの人が気になってチェックしていましたが、最初の頃は70人ぐらいだったのに、最後の1人となる日が来ようとは。○○世紀最後の人というのは100年に1度、やってくるわけですが、人間の寿命は120歳ぐらいが限界なので、10年代後半に前々世紀最後の1人の時になるわけです。

今から100年後ぐらいには20世紀生まれ最後の1人になりますが、1968年生まれの自分はなれるはずがありません。2000年生まれか、1998年や1999年生まれが最後の1人になるのでしょう。まあ、自分はその60年ぐらい前の2050年ぐらいには亡くなっているとおもいますが(今の生活パターンだと、それでも長生きだと思う)。なお日曜の朝にトップバリューのきつねうどん、月曜の朝にマルちゃん「昔ながらのソースやきそば」をいただきました。このソースやきそばが、かなり胃にもたれている。

2017/09/17 (SUN)
▲Top

こんなムチャなことはジャッキー・チェンに任せときゃいいのよ
木曜と金曜の2日間の日記ですが、木曜は何も書くことが無いことをご了承ください。前回の日記は木曜の午後2時まで寝てしまったと書いたように、その時点で木曜は半分が終わった状態。そこからもグダグダで雑用は片付けたものの、原稿は一つも終わらないまま金曜を迎えました。

そして金曜も原稿が一つも終わらないという状態。何をやっているんだと言いたくもなるでしょうが、金曜は色々なことが片付いた日でした。まずは気がかりになっていたインタビューのアポが取れて来週の水曜で決定。そしてS新聞に依頼された10月の和歌山取材のチケットとホテルの予約が完了しました。これから、そのことを長々と書いていきます。

S新聞は年に1回、47都道府県が持ち回りで行っているイベントの取材があります。その取材は社長の奥さんがご存命の時は彼女の役割でした。自分は2012年からS新聞の仕事を手伝っていますが、もし自分が取材していたら2012年から富山、山口、山形、埼玉の順で取材していたはずです。そして奥さんが2015年に亡くなられたことで、去年の高知から自分が取材することになりました。

というわけで今年は和歌山での取材となります。取材も1ヶ月前となったので、そろそろ往復のチケットとホテルの予約が必要になるわけですが、去年の高知の体験からチケットとホテルがセットになったプランを旅行代理店で安く購入できると聞いております。そこで駅ビル内にある旅行代理店に行きましたが、ここで飛行機を使っても新幹線を使っても、朝出発では間に合わないことが判明。そもそも去年の高知と同じ午前10時なら間に合ったのに、都合により朝9時半からになったので間に合わないという事態が発生。そこで深夜バスを使って和歌山に行くことにしました。

深夜バスだとセットプランが無いので、旅行代理店を使わずに自分で予約することに。ホテルも楽天トラベルで格安のホテルを予約したので、往復のチケットとホテル代を合わせて2万5000円程度。この歳になって深夜バスはきついものがありますが、久しぶりに深夜バスに乗ること自体を楽しみにして乗り越えましょう。

去年はS新聞の社長が同行したので、ホテルもチケットも2人分を予約する必要があり大変でしたが、それに比べれば今回は楽でした。深夜バスのチケットは予約後にコンビニで手続きを済ませて、その場でお金を払って購入。ホテルは現地で払うので問題ありません。帰りの電車の切符は、まだ買わなくても大丈夫でしょう。ちなみに今の時期ならば飛行機を使った方が500円安くなりますが、飛行機だと乗り換えも大変なので500円ぐらい大目に見てください。

さて、問題は日曜と月曜の和歌山取材に終わらず、火曜に徳島で取材する可能性もあることです。そうなると月曜の夕方に和歌山の取材を終えてから夜11時に徳島にチェックインしなければ。今のところS新聞の社長と徳島は取材しなくてもいいかのではと話していますが、どうなることやら。さらにK新聞で水曜からホテルに泊まって木曜に大阪の取材となる可能性も。これも和歌山の取材があったので断ったのですが、人手が足りなくなっているから駆り出される可能性が…。

最も大変なパターンとして、土曜の夜に東京を出て、日曜と月曜が和歌山、火曜が徳島、水曜と木曜が大阪の取材になります。まあ、和歌山だけで終わると思いますが…。このチケットの予約で力を使い果たしたので、S新聞の7つの原稿は一つも終わらず。さらにK新聞からは追加の1ページ分が届きました。土日は取材が無いので、たまった仕事を減らしていかなければ…。最後にカップめん記録ですが、金曜の朝に日清「麺職人みそ」をいただきました。粉末を入れないみそだと塩分の摂取を抑えられる気もしますが、そんなことはないか。

2017/09/15 (FRI)
▲Top

いいってことよ、これも人助けだ
水曜も火曜に引き続いてK新聞で9月号の校正。9月号はいつもより2ページ多い、10ページでしたが、ページが多いこともさりとてながら、それ以外のところでトラブルが発生して大変だった。担当さんが新人に変わって1年が経って慣れてきましたが、それでも思わぬところにミスが待ち受けています。

水曜のうちに完成しないのではないかと危ぶまれましたが、どうにかトラブルが解決して夜10時に完成。自分は会社に残って担当さんが印刷所に入るというパターンで作業を進めましたが、自分は会社の鍵を持っていないので、誰かに残ってもらう必要があるわけで、夜10時まで作業に付き合わせてしまうのが申し訳ない。

とにかく色々なことがありましたが9月号が完成したので良かったとするか。電話取材した原稿や大師線に乗って取材した原稿も紙面の形になったので一区切りです。当然、帰ってきたのは夜11時近くになるわけですが、今回の校正で精魂尽き果てたから、あっという間に眠りに落ちて泥のように眠り続けたよ。グッスリと眠って気力と体力も回復したところで、ためこんでしまったS新聞の7つの原稿を片付けていきます。

といった日記を木曜の朝に書いて、アップする直前に眠ってしまったようで、やっと目が覚めたのは木曜の午後1時。朝9時から4時間ほど眠ったことになるのか。8時間寝てから、2時間ほど起きていた後、4時間も眠ったことになるのか。かなり疲れがたまっていたらしい。

2017/09/13 (WED)
▲Top

一人で責任背負ってかっこつけんじゃないよ
油断していると月日がどんどん流れ去ってしまう。というわけで土曜の日記を更新してから、いつの間にか水曜の朝になってますな。それでは日月火の3日間のことを記しておきますか。

日曜もかなりグダグダしちゃったんだよな、昼間は残っていたK新聞の原稿を片付けるのが精一杯でした。それでも溜め込んだS新聞の原稿を少しでも減らしておかないとまずいということで、月曜の明け方になってから先週の月曜に取材した目黒、有楽町、新橋の3本の原稿は完成。これで残り4本となりました。

といったところで月曜は朝からS新聞の取材で代々木へ。代々木その1、代々木その2の原稿が終わっていなかったので、代々木その3として蓄積されます。この取材を途中で抜け出して、午後からは目白で取材。間に合うように代々木の取材を抜け出しましたが、山手線が10分ぐらい止まったせいで、危うく遅刻するところだった。

目白の取材は2時間ぐらいで終わって、続いては目黒での取材。目白から目黒って「虚無への供物」じゃあるまいし…。ちなみに気になって調べてみたら五色不動は一つも行ったことがないけれど、全部すぐ近くまで行ったことはあるのか。

月曜は1日で3つの取材で、しかも最後の取材でお酒が出されたので帰ってからは仕事にならず。月曜の朝にS新聞の原稿を3つ減らしたのに、1日で3つ増えたから差引ゼロだ。疲れているのに寝つけずに、しかも仕事は進まないという最悪のパターンで火曜の朝を迎えました。

火曜は9月号の校正のためK新聞へ。毎度のパターンですが火曜と水曜の2日間で新聞を完成させます。その1日目となる火曜は夜10時まで残って8ページ分を校正。いつもならばK新聞は8ページなので全部校正したことになりますが、9月号は10ページなので2ページ分が残っています。まあ、だから無理して10時まで残って校正したわけですが…

前日の夜がほとんど眠れなかったので、火曜の夜は帰ってきてから、すぐに寝てしまい。水曜の午前5時に目が覚めました。水曜も校正となりますが、出かける前にS新聞の原稿を減らしておきますか。残っているS新聞の原稿は、代々木その1、代々木その2、代々木その3、高田馬場、六本木、目白、目黒の7本となります。

2017/09/12 (TUE)
▲Top

ずーっと一緒に元気に暮らすことが夢といえば夢かな
金曜と土曜はグッタリとして動けないという1週間前と同じパターン。というわけで今回はほとんど夢の話でお送りします。金曜の昼頃にK新聞の原稿を送って、やっと一段落しましたが、それと同時にS新聞の社長から連絡が入って、来週以降の取材の確認でちょっとバタバタ。それが終わってから寝落ちしました。

途中で何度か起きたりしたものの、基本的に目が覚めたのは土曜日の午後2時。ほぼ24時間寝ていたことになりますね。その間に見た夢ですが、S新聞の仕事でゴタゴタした夢です。社長からもらった原稿を直さなければいけないし、やることが完全に追いつかなくなって夢の中であせっていました。社長が書いた文字は読めないし、紙は破れるし、いつの間にか靴が無くなっているし、夢の中でボロボロでした。あまりにも体が思うように動かないので、これは夢だなと気付きました。夢の中だと走れなかったり、電話をかけられなくなったりしますが、そのパターンだったのが気付いた原因。それならば夢からさめれば問題は一気に解決するんだなと思って、実際に起きることができたのは快感でした。

しかし、目が覚めたのは良いのですが、寝過ぎたせいか頭が痛い。後から分かったことですが寝ている間に近所で停電があったようです。自分の家が停電になったかどうかは定かでありませんが、もしかしたらエアコンが止まったせいで悪夢を見たのかも知れません。

土曜の午後に目が覚めたのは良いのですが、今度は頭が痛くて仕事にならず。お風呂に何度か入った後、寝てしまいました。日曜の午前4時に目が覚めた時は頭痛は治っていましたが、今度はその時に見た夢の話。友人が運転する車に乗っていましたが、運転席と助手席に友人、後部座席に自分が乗っていて、友人が上り坂をアクセルをかけて一気に上った先が崖になっていて車が飛び出しました。ものすごい高さから飛び出したので、ああ今日で自分は死ぬんだなと覚悟しました。

ものすごい高さの崖から飛ぶように飛び出したので下に落ちるまで時間があります。そのうちに、友人の車に乗らなかったとしても、友人と会うためにキャンセルした飛行機が墜落して全員死亡というニュースを見ていたので(このあたりは夢だからおかしい)、どちらにしても自分は今日死ぬ運命だったのかと覚悟ができました。それでも車が飛んでいるうちに下に川が見えてきて、このまま地面に叩きつけられるより、車を飛び出して川に飛び込めば助かるのではと思って、川に飛び込んだことで助かりました。運転席と助手席に乗っていた友人がどうなったか気になって探したのですが、これって夢みたいだなと思いつつ、やっぱり夢じゃなくて現実だよなと思って夢からさめることができませんでした。前日は夢の中で夢だと気付いて、そのことを日記に書こうとまで思っていたのに、今回は夢かと疑いつつも気付けないというのも変な話です。

そんなわけで寝てばかりいた金曜と土曜でした。これから日曜のうちにS新聞の原稿を進めなければいけませんが、その前にK新聞の仕事でやらなければいけないことがあるんだよな。S新聞は月曜が締切りというわけじゃないけれど、月曜もS新聞の仕事が3つも入っているので、ここで減らしておかないと大変なことになる。ちなみにカップめんは日曜の明け方におきてから「鴨だしそば」をいただきました。

2017/09/09 (SAT)
▲Top

なせば成る、洗えば食える何物も
水曜は3つの電話取材のうち1つだけ片付けて、午前中はS新聞の取材で代々木へ。昼過ぎには帰ってきて、補足のため1ヶ所だけ電話取材をもう一度かける必要があったので連絡。これで連絡は取れたけれど、水曜の午後から何をしていたか全然覚えていないな。とにかく木曜の朝までに残っていた2つの電話取材の原稿を終わらせました。とにかく3つの電話取材に随分と振り回されましたが、この電話取材が必要のページが今後も続くということが問題だな。最初からこんな調子でこれから大丈夫かな。

とにかく木曜の朝までに電話取材の原稿を全部片付けたところで、木曜も前日に続いて代々木での取材。まあ、水曜と木曜の取材で1セットみたいなものです。木曜の昼過ぎに帰ってきたところで残っているのは、先週の金曜に受け取った12本の原稿と8本の原稿。12本の原稿はレイアウトも行う必要があります。レイアウトだけでも水曜のうちに終わらせておきたかったと後悔しても後のまつりです。

レイアウトが完成して原稿が書けるようになったのは木曜の夜7時頃。ここから金曜の朝までに12本の原稿が終わるのは確実ですが、さらに8本の原稿が残っていることが問題だ。とにかく徹夜で原稿を進めて金曜の朝5時に12本の原稿は完成。そこから12本の原稿を印刷所に入稿する作業を開始。朝5時から入稿作業を進めていると自分は何をやっているんだろうという気分になります。

朝7時に入稿作業を終えて、これで残っているのは8本の原稿のみ。レイアウトの必要がないページとはいえ、会社が動き出す9時半までに原稿を完成させるのは難しいか。というわけで予定よりも少し遅れましたが金曜の午前11時に8本の原稿が完成して印刷所に入稿。先週の金曜から苦戦したK新聞の原稿は、すべて片付きました。

さて、ここで気づいた人もいるかもしれませんが、K新聞の原稿に苦戦したのは、月曜から木曜までS新聞の取材が続いたため。そしてS新聞の原稿は後回しにしたので、今度はS新聞の原稿がごそっと残っています。月曜に取材した目黒、有楽町、新橋の原稿、火曜に取材した高田馬場と六本木の原稿、水曜に取材した代々木その1、木曜に取材した代々木その2の原稿。全部で7本の原稿を抱え込んでいますが、これを土日で片付けていくのが次の課題です。何だか1週間前と同じようなことを日記に書いてるな。

カップめんも毎日のように食べていたけれど、何を食べたか覚えていないな。水曜ぐらいにトップバリューの天ぷらそばを買おうと思って、どん兵衛「天ぷらそば」を間違えて買ったことがありました。天ぷらが先のせか後のせの違いもありますが、麺のコシが全然違うんだな。でも、コシのないトップバリューの方がむしろおいしいと思えるようになった。ただし、ボーッとしていたため、どん兵衛特有の七味とうがらしをかけるの忘れたので、どちらがうまいか正当な評価ができません。

2017/09/07 (THU)
▲Top

ついてるとかついてないとかって、そんなの関係ないよな!!
火曜の朝に小島新田の原稿だけ終わらせて、火曜もS新聞の依頼で午前中から高田馬場で取材。この取材は10時半からでいいとのことでしたが、はじめから取材したかったので律儀にも朝9時半から取材。だが、何の理由もなく10分早く9時20分からイベントが始まりました。10分早く会場についたので、ちょうどイベントが始まるところでしたが危ないところだった。ムチャクチャ悲惨な数日間のように思えて、信じられないぐらい運のいいことも起こっているんだよな。この数日間で運よく助かったという体験が何度もあったと思う。

火曜は首都圏の電車が停電で止まって大きく乱れた日。予定通りに10時半に来ていたら停電に引っかかるところでした。実際、停電に巻き込まれて遅刻した記者さんも多かった。自分は朝9時半から来ていたので全く問題ありませんでした。

高田馬場では最後まで取材することができず、途中で抜け出して午後からは六本木で取材。この六本木の取材は随分とウトウトしていたね。後ろの方の席だから、絶対に気付かれないだろうという安心感もあったのだろうけれど意識が途絶えていた時間が長かったんじゃないかな。

そんなわけで火曜は高田馬場と六本木の取材を終えて帰宅。やはり疲れて帰ってきてからは仕事にならず。水曜の明け方に起きてから、3つの電話取材のうち1つだけ完成。実は2つ終わらせる予定だったのに、わずかに届かず。水曜も午前中から取材なので出かけるまでに終わらず。今週はずっとこんなパターンだったよ。

2017/09/05 (TUE)
▲Top

うんこまみれのザリガニ、略してうんざり
はい、そういうわけで山ほどやるべきことはあったのに、何もやらないまま月曜の朝になっちゃったよ。というわけで月曜はS新聞の依頼で朝から目黒で取材。目黒で朝8時半から取材ということは、家を朝7時半に出なければいけないわけで、朝4時から頑張って原稿を書いても、さすがに終わらないよな。

天気予報も見ないで家を出たので、目黒駅から取材場所に向かう途中のコンビニでカサを買うことに。こうしてカサがどんどんたまっていく。ちなみに、どうしても折りたたみ傘を持って歩く習慣が身につかない。

目黒の取材が終わったところで、次は昼前に有楽町で取材。その前に八重洲ブックセンターに寄って、ある本をチェック。実は16年前に自分が勤めていた会社が出している本で、そこは社長から経理に至るまで全社員の名前を奥付に載せるので、誰が会社に残っているか定期的にチェックしてしまう。ちなみに自分が勤めていた時から残っている社員は2人だけ。

東京駅から有楽町に移動して取材を開始しましたが、実は有楽町の取材は想定外。朝は目白の取材、午後は新橋の取材の予定が入っていましたが、新橋の取材の前にちょうどタイミングが良かったので、ついでみたいな感じで有楽町で取材しました。

余談ですが、この日の昼食はケンタッキーフライドチキン。マクドナルド、ドトール、吉野家などで昼食をとることは多いけれどケンタッキーで昼食をとるのは珍しい。食事が済んでからも時間をつぶせるような店がケンタッキーしか見当たらなかった。

というわけで有楽町の取材を終えたところで午後から新橋で取材。寝不足の状態で1日に3つの取材もきついものがありますが、この3つ目の取材が午後1時から午後6時まで5時間も立ちっぱなしなのがきつい。思わず用を足す必要もなかったのにトイレで座って休憩しちゃったよ。

こうして3つの取材を終えて帰宅しましたが、当たり前だけれどグッタリしてダウン。火曜の明け方に起きてから、どうにか小島新田の原稿だけ完成。3つの電話取材の原稿のうち一つでも終わらせようと思ったのに、火曜も朝が早かったので終わったのは小島新田の原稿だけだった。

2017/09/04 (MON)
▲Top

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ
うーん、ひどいものだな。9月は1日の日記を更新してから1週間もストップしてしまったよ。大きな理由は月曜から木曜まで4日連続で午前中に取材が入っていたこと。だいたい明け方に原稿を書いて、朝9時ぐらいに片付いて日記を更新するパターンが多いのですが、今回はその手段が使えなかった。

さて、2日の土曜から7日の木曜のことを書いていこうと思いますが、まずは2日の土曜と3日の日曜の2日分の日記です。この土日で京急大師線に乗って小島新田まで取材してきた原稿、電話取材した3本の原稿、金曜に資料を受け取った12本の原稿と8本の原稿の合計24本の原稿を進めると書いたのに全然ダメだった。

まず土曜日はグッタリして全く仕事にならず。先週の木曜までの新聞制作ですべての力を出し尽くして、金曜に無理して3件の電話取材を行ったので完全にエネルギー切れとなりました。全く原稿を手を付けることなく日曜になりましたが、日曜になっても復活せず。というか少し体力が戻ったところでコインランドリーで洗濯をしたら、それで回復した分を使い切りました。

メチャクチャ洗濯物がたまっていたので、後回しにするわけにもいかなかったのですが、洗濯が終わったら頭痛で動けなくなったのは情けない。日曜の夜になって、やっと小島新田の原稿を書き始めましたが、月曜は出かける時間が早かったので、月曜の朝までに完成させるという、得意のパターンに持っていくことができなかった。

こうして日記に書いてみると、あまりにも情けない土日でありますが、このグダグダの土日が今週は大きく響くことになる。

2017/09/03 (SUN)
▲Top

何が計画通りだ!計画通りいかないから人生なんだ
9月になったところで日記のタイトルを変えますが、今月は考えていなかったから随分と迷ったな。これまでドラえもんとか色んな長期連載漫画の名言をやってきたけれど、クレヨンしんちゃんがまだだったな。というわけでクレヨンしんちゃんの名言でいきます。

さて、木曜でS新聞の9月1日号が完成して一息つきましたが、今度はK新聞の原稿が色々と残っています。まずは、電話取材が必要な3本の原稿を片付けていかなければなりません。昨日の日記でも書いたように、土日は電話取材ができないし、月曜と火曜はS新聞の取材で電話取材ができないので、金曜のうちにかけておかないと5日後になってしまう。木曜の夜11時まで印刷所に残った時は、そこまで計算していなかったけれど、あそこで閉門より1時間遅く残ったことが、5日も早く電話取材できることにつながったんだな。

しかし、電話取材は得意な方ではありません。目の前の相手をインタビューするのと違って、その場の空気を読むことができませんからね。相手の話も頭に入ってこないのでテレホンマイクを使って録音して、後からじっくり聞き直して原稿に書きます。1つの電話取材が終わったところでグッタリして休憩したくなりますが、夕方までに終わらせないといけないから休んでいるヒマなんてありません。無理して夕方までに電話取材を終わらせました。

3つの電話取材のうち、一つだけ水曜に改めて連絡するところがありますが、ここまで金曜のうちに終われば上出来です。そして夜7時にはK新聞の担当さんに途中下車してもらって、改札ごしに9月号の資料を受け取りました。というわけで土日の取材はありませんが、電話取材した3本の原稿、資料を受け取った12本の原稿と8本の原稿、そして8月24日に取材した小島新田の原稿、以上24本の原稿を進めていくことが次のノルマとなります。

木曜までの新聞制作で疲れていたところで、最後の気力を振り絞って電話取材を終わらせて、担当さんからも資料を受け取ったので今日のところはお休み。金曜の夜はグッスリと眠って土曜の朝5時に目が覚めました。最近は目覚ましをかけなくても自然に朝4時か5時ぐらいには目が覚めますね。おそらく、これから目の前のカレーヌードルを食べることになると思います。

2017/09/01 (FRI)
▲Top

Writer: 野鉄砲