DKLog.JPお問い合>わせ
ホスティングサービス



ホーム新着日記DKLog+のご案内
新規登録
  • 2002年6月29日 初版作成
  • 2003年9月28日 第2版作成(全面改訂)
  • 2003年9月28日 第2版第1回改訂
  • 2003年9月28日 第2版第2回改訂
  • 2003年9月30日 第2版第3回改訂
  • 2004年8月29日 第2版第4回改訂

    総則

  1. 本規則は、本規則の定める日記作成者(以下、甲とする)がDKLog.JP運営統括責任者 川野 大佑(以下乙とする)が提供する日記サービスを利用するための契約条件を定めるものとします。
    日記作成者とは、本規則に同意し、日記を作成した個人、団体、企業を指します。

  2. 本規則は、甲と乙との間の一切の関係に適用します。
    乙は甲の事前承諾を得ることなく当サービス内容の変更および追加をすることがあり、変更及び追加後も甲は本規則を承諾するものとします。
    また、本規則で定義されていない条項は適宜追加していくこととします。

  3. 日記サービスを利用して作成された日記は、全てインターネット上に公開されるものとします。甲は、これに承諾するものとします。

  4. 日記サービスを利用して作成された日記は、乙の提供するコンテンツの一部として、「ランキング」、「新着日記」等において公開され、リンクされるものとし、甲は、これに承諾するものとします。

  5. 日記サービスを利用して作成された日記は、「あしあと」機能において、他日記作成者の日記にハンドルネームが公開され、リンクされるものとし、甲は、これに承諾するものとします。

  6. 乙は、甲の日記ページにおいて第三者企業の広告を掲載できる権利を所有します。(ただし、甲が有料版日記を使用している場合は除外します。)

    利用条件

  1. 甲は、日記を利用する権利を第三者に譲渡、貸与することはできません。

  2. 甲は、日記に掲載した内容に対し、全責任を負うこととします。

  3. 甲は、次の各項に掲げる事由により、日記を利用する権利、資格を消失するものとします。

    • 下記禁止事項に違反し、乙より承認を取り消された場合
    • 甲が疾病、もしくは死亡により、利用できない状態になった場合
    禁止事項

  1. 甲が次の各項に該当した場合、乙は甲に対し断りなく甲の作成した日記の一時停止、削除を行う場合があります。
    ただし、※の項目に関しては、有料版日記利用者は適用外とします。
    また、有料版日記利用者に対しては、警告を行い、改善が見られない場合は、契約解除を行います。

    • 一定期間の日記へのログインがない場合(※)
    • 乙や他の利用者、第三者に対し、プライバシーの侵害を行う行為があった場合
    • 乙や他の利用者、第三者に対し、誹謗中傷、迷惑をかける、不快感を与える、不利益を与える、精神的悪影響を与えるなどの行為があった場合
    • 乙や他の利用者とのトラブルを起こした場合
    • 著作権、肖像権等を侵害する恐れのある、著作物の掲載。
      (ただし、許可を得た場合はこの限りではない。また、楽曲の歌詞もしくは詩・短歌の場合、日常会話で使用する1フレーズ程度であれば問題なし)

    • その他の権利を侵害する恐れがある行為があった場合
    • 猥褻な映像、音声、画像、文字、表現を提供する行為があった場合
    • 乙がアダルトサイトと判断した場合
    • ドラッグ、麻薬に関する情報を提供する行為があった場合
    • 自殺や、それに関する情報を提供する行為があった場合
    • 犯罪を助長する行為があった場合
    • 未成年者に対して悪影響を及ぼすと判断される場合
    • 乙の提供するサービスの運営に支障をきたす恐れのある行為を行った場合
      (乙の提供するサービスに対する批判等を含む)
    • 乙の許可なく、商行為、宣伝行為を行った場合(※)
      (この場合、乙は甲に対し、広告費用として3万円を請求できるものとします。)
    • マルチ商法、ねずみ講への参加の紹介、勧誘を行った場合
    • 宗教活動、政治活動を行った場合
    • 乙の提供する広告以外の広告掲載を行った場合(※)
    • 新規登録の際のメールアドレスに正しくメールが届かない場合、また、偽りのアドレスで登録した場合
    • 乙が、乙の提供するサービスに相応しくないと判断した場合
    • パスワードを公開する行為を行った場合
    • 1つの日記に対し、4人以上で共用する行為
      (システム負荷を考慮しての制限となります。また、ここでの「4人以上」とは、物理的な人数を指します。)
    • 一定期間に意図的にアクセス集中を発生させる行為を行った場合
    • その他、本規則に反し、乙や、乙の提供するサービスの体面を汚すなどの公序良俗に違反する行為を行った場合


  2. 禁止事項を行った者に対し、今後一切、乙の提供する、日記を含む全てのサービスの利用をお断りいたします。
    ただし、乙に対し、本規則に反しない旨誓約された場合はこの限りではありません。

  3. 禁止事項を行った者が、誓約を行ったものの再度禁止行為を行った場合、日記は事前予告なく全て削除させて頂きます。また、損害賠償として300万円を請求させて頂きます。

  4. 原則として、乙は禁止事項を行った者に対し、日記の一時停止、削除の理由は通知しないものとします。

    免責事項

  1. 乙が、自身が提供するサービス内容(システムの安全性やレスポンス、機能、サポート・サービス等)についてその水準を保証できないことを、甲はあらかじめ了承した上で利用することとします。

  2. 乙の提供するサービスの継続提供に関し、いかなる約束は致しません。無料サービスの中止は、乙が中止15日前までに予告し甲はそれに承諾するものとします。

  3. 甲の記入した日記は基本的に全て保存していますが、マシントラブル等不測の事態によりデータ消失した場合、乙は甲に対し一切責任を負わないものとします。

  4. 甲は、乙の提供するサービスを利用することにより、乙や他の利用者、第三者に対し損害を与えた場合は、甲は自己責任において解決することとします。

  5. 乙は、甲の使用するいかなる機器、ソフトウェアについて、動作保証は一切行わないものとします。

  6. 乙は、甲が乙の提供するサービスを利用することにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。

  7. 乙は、自身の保有する設備の保守点検の為、サービスを一時的に停止できるものとします。

  8. 乙は、自身の提供するサービスに不具合が発生した場合、早急に改修する努力はしますが、不具合が発生しない保証は行わないものとします。

  9. 乙は、自身の保有する設備に障害が発生した場合、下記の時間内に対応するものとします。
    また、障害の発生している時間内は「障害対応中」の旨、日記に表示するものとします。

    • 平日(月曜日〜金曜日)
      乙の通勤・勤務時間外(23:00〜8:00):
       発生後即対応開始〜24時間以内に復帰

      乙の通勤・勤務時間内(8:00〜23:00):
       リモートで対応できる場合は発生後、6時間以内に対応開始〜24時間以内に復帰
       リモートで対応できない場合は、終業後、3時間以内に対応開始〜24時間以内に復帰

    • 休日(土曜日・日曜日・祝日)
       発生後即対応開始〜24時間以内に復帰


    システムが重度のダメージを受けている場合、さらに長時間を有する場合があります。

  10. 重大なシステム障害が発生した場合、乙の判断により、日記上に掲載している広告の一時撤去を行うことがあります。また、有料版日記の契約期間延長を行うことがあります。

    有料版について

  1. 有料版は、年間\2,000とします。
    これには、サーバー利用料・サーバー保守料・電気代・回線代など、すべての費用が含まれるものとし、これ以外の、振込手数料を除く料金は、乙は甲に対し一切請求しないものとします。

  2. 甲は、有料版を申し込んだ場合、乙に対し、乙の指定する銀行口座に7日以内に利用代金を支払うものとします。
    利用代金の入金の無き場合は、申し込みをキャンセル扱いとさせていただきます。

  3. 有料版の契約期間は、下記の通り定めます。
    契約開始日:入金確認日
    契約終了日:入金確認日の次年の同月末まで

  4. 禁止事項に反した場合、乙は甲に対し警告を行った後、改善が見られない場合は契約解除とします。

  5. 重大なシステム障害が発生した場合、乙の判断により、有料版日記の契約期間延長を行うことがあります。

  6. 乙は、甲に対し、利用代金を一切返還しないものとします。

    改訂履歴

  • 第2版第1回改訂(2003/09/28)
    以下の文章を禁止事項に追加
    第1項内
    ・楽曲の歌詞、楽譜を掲載する行為があった場合
     (ただし、日常会話レベルで使用する1フレーズ程度であれば問題なし)

    第2項内
    ・禁止事項を行った者に対し、今後一切、乙の提供する、日記を含む全てのサービスの利用をお断りいたします。
     ただし、乙に対し、本規則に反しない旨誓約された場合はこの限りではありません。

  • 第2版第2回改訂(2003/09/28)
    以下の文章を禁止事項に追加
    第1項内
    ・乙の提供するサービスの運営に支障をきたす恐れのある行為を行った場合
     (乙の提供するサービスに対する批判等を含む)

  • 第2版第3回改訂(2003/09/30)
    禁止事項内の、著作権に関する部分を修正
    第1項内
    ・著作権、肖像権等を侵害する恐れのある、芸能人、俳優、キャラクター、テレビ画面などのキャプチャーを貼り付ける行為があった場合
    ・楽曲の歌詞、楽譜を掲載する行為があった場合
    (ただし、日常会話レベルで使用する1フレーズ程度であれば問題なし)
         ↓
    ・著作権、肖像権等を侵害する恐れのある、著作物の掲載。
    (ただし、許可を得た場合はこの限りではない。また、楽曲の歌詞もしくは詩・短歌の場合、日常会話で使用する1フレーズ程度であれば問題なし)

  • 第2版第4回改訂(2004/08/29)
    禁止事項内の禁止事項を追加
    ・一定期間に意図的にアクセス集中を発生させる行為を行った場合

    禁止事項を再度行った場合の処置項目を追加
    ・禁止事項を行った者が、誓約を行ったものの再度禁止行為を行った場合、日記は事前予告なく全て削除させて頂きます。また、損害賠償として300万円を請求させて頂きます。
ホーム新着日記DKLog+のご案内ご意見・ご要望掲示板(準備中)助け合い掲示板(準備中)利用規約