楽●天 :集めて楽しい!キャラクター大図鑑「スヌーピー特集」

+ Total: 266388 + Today: 0063 +
宿主日記
ホームページへ* Admin *|RSS

DKLog.JP::Diaryあしあと

■ 2018/09/22 サンゴ草
■ 2018/09/21 展示会
■ 2018/09/20 際どく搭乗
■ 2018/09/19 90万人超・・
■ 2018/09/18 紅葉
■ 2018/09/17 最近 見ない・・
■ 2018/09/16 平常運転
■ 2018/09/15 変色
■ 2018/09/14 休業中
■ 2018/09/13 失せ物 発見!
■ 2018/09/12 ストーブ
■ 2018/09/11 棚が淋しい・・
■ 2018/09/10 鉄道の不通
■ 2018/09/09 再び、復活!!!
■ 2018/09/08 パソコンと電話が不調
■ 2018/09/07 復旧!!!
■ 2018/09/05 通過中
■ 2018/09/04 クリのイガ
■ 2018/09/03 空かないなぁ・・
■ 2018/09/02 おまけ
■ 2018/09/01 秋の気配

サンゴ草
 網走方面の「サンゴ草」が綺麗に赤く色づいた様子が、新聞に
報道されていました。この花は、紅葉と並ぶ今の時期の北海道の
風物詩です。ところが肝心の「紅葉」の写真は未だに掲載されて
いないような・・。いつもなら赤や黄色の見事な風景が新聞に出る
頃なのに・・。やっぱり今年の紅葉はあんまり綺麗ではないのかも
・・。それに、我々の展示会の記事も、昨日の段階では「勝毎」にも
「北海道新聞」にも、出ていませんでした。いずれも「掲載します」
ということで取材を受けていたのですが、話題性が弱かったのかな
・・。




2018/09/22 (SAT)
▲Top

展示会
 「芸術の秋」です。毎年の恒例行事なのですが、現在主に池田
町内の手作り作品を制作している有志のグループである、「北の
工芸マイスター協会」の主催による展示会が開催されています。
場所は、池田高校前の「スピナーズファームタナカ」です。24日
までやっていますので、明日からの3連休を利用して北海道旅行中の
皆様も、おヒマ?でしたら是非お立ち寄り下さい。私も、会場の
“受付当番”として、時々顔を出しています。もっとも、今は
コタンクさんが不在ですので、そんな時は北のコタンはスタッフが
不在・・。体が2つ欲しい状態ですね・・。

2018/09/21 (FRI)
▲Top

際どく搭乗
 昨日、息子とコタンクさんが、いずれも千歳空港からセントレア
行きの飛行機に乗りました。3日間ほど“短期帰省”していた息子は
友人と会うために前日札幌泊。当日は午後1番の便の予約、コタンク
さんも故あって豊橋に行くために、当日帯広からバスで向かい、その
次の便に乗る予定でした。ところがトラブルのため、息子が乗る便は
欠航・・。しかし少し早めに空港に着いていた彼は、運良く遅れて
いた前の便に振り替えてもらえて、セーフ!コタンクさんの便も予定
通り運行されて、2人とも無事に行き着くことが出来ました。
いずれもJALのマイレージを利用したのですが、ああ、良かった!
でした。

2018/09/20 (THU)
▲Top

90万人超・・
 北海道を襲った大地震から10日余り、そのための宿泊施設の
「キャンセル」数が、延べ90万人以上になるそうです。いろんな
施設の入場者数も減っているようですし、う〜ん、観光業の方々は
大変だなぁ・・。他人事ではありませんが・・。まあ、当方も結構な
キャンセルがあったのですがどこからも「被害調査」の問い合わせは
ありませんでした。この数字が何を根拠にしているのかは??ですが
大きな影響があったのは確かでしょう。ようやく2年前の台風による
大災害から立ち直った、十勝の人々の日々の営みにも、大きな
苦痛をもたらせました。「平和な日常生活」というものが、いかに
貴重なものか、そしていかに際どいものなのかを、改めて思い
知らされた今回の地震でした。

2018/09/19 (WED)
▲Top

紅葉
 北海道では、そろそろ高い山々では紅葉が始まっている時期です。
でも、まだ実際の情報は少ないのですが、先日自分で見に行った
方が、「今年はあんまり良くない・・」とおっしゃっていました。
確かに今年は、8月の中旬に早々と大雪山系で初雪・初冠雪があり、
「もう秋か!?」と思わせられました。しかしその後は、すっきり
晴れて冷え込むことが少なく、「また夏か!?」と思うくらい
暑かったり・蒸し暑かったりの日も多く、晩夏と初秋を行ったり
来たりの状態です。綺麗に「紅葉」するには、あんまり条件が良く
無いのかも知れません。
 今朝の池田は少々冷えて、気温も8℃以下です。これは
「紅葉」が始まる目安の気温なのですが、さて、この辺りの紅葉は
どうなるのでしょうか・・。

2018/09/18 (TUE)
▲Top

最近 見ない・・
 エゾリスがわが家の近辺に姿を見せなくなって、1年余りが過ぎ
ました。あんなに可愛い仕草で、我々やホステラーさんの目を
楽しませてくれたのに、淋しい限りです。そして夏の間、結構頻繁に
また近くまで寄って来てくれていた丹頂鶴が、この頃は全然見かけ
なくなってしまいました。これはどうも、裏の畑が耕されて捕食の
環境状態が変わってしまったのが原因かと思われます。荒起しされて
黒々した表面になった土では、食べるものが無いのでしょうね。
早く次の作物の種が蒔かれ、農家さんにとっては打撃ですが、それを
食べるためにやって来てくれたらすぐに見られます。しかし、その
生育→収穫→収穫後のおこぼれとなると、かなり待たないとダメか
・・。

2018/09/17 (MON)
▲Top

平常運転
 地震の後で運休になっていたJR北海道の各路線が、順次「復旧」
しています。十勝・釧路の地域では、先の普通列車の運転再開に
続き、14日からは札幌ー釧路間の特急列車も“復活”しました。
これでようやく、西方の鉄路が繋がったことになります。しかし、
網走ー釧路間や、根室ー釧路間では、まだ「不通」の区間があるの
です。震源に近い方面では物理的に線路が壊れており、その修理が
終わるまでは「運休・・」は理解できます。しか、どうして網走や
根室など、遥かに遠いエリアで今も「運休」なのか・・。JR北海道の
ホームページを見ても、「◯☓日に再開予定・・」とは書いてあり
ますが、なぜ運休なのかの記載は無いような・・。全く、北電同様
北海道の公共企業というものの運営姿勢は、不誠実の極みですぞ
・・。

2018/09/16 (SUN)
▲Top

変色
 もう9月も中旬になりました。今年は比較的暖かい日が多いの
ですが、それでも時々ずいぶんと涼しい日もあり、すっきりした
秋晴れの日もあるようになって来ました。畑の作物も、すでに
収穫を終えたり、今が収穫の真っ最中のところもあります。豆は
まだなのですが、葉っぱが黄色く色付いて来ました。ナナカマドの
木も、実は真っ赤ですし、葉も少し色付いて来ています。秋が始まり
周囲の風景に黄色や赤が混じって来ました。

2018/09/15 (SAT)
▲Top

休業中
 地震から1週間、北海道では「節電要請」が出されている中、
家庭や工場でけなげな、また大幅な、電気の“節約”が実行されて
います。当方も、それなりに不便を感じつつも、そのようにして
います。それに、地震後一度も木工の機械を動かしていないの
ですよね・・。これも動力はもちろん「電気」です。ただしこの
「停止中」は、節電・その気になれず・さぼりなどなど、いろんな
要件が重なっています。そして、実はその最たるものは「売れ行き
不振」なのですよ。一番の売れ筋商品は「神社のお守り」なの
ですが、去年は大泉洋さんや有働さんのTV番組で紹介されたり
して、“飛ぶように?”売れました。しかし今年は元に戻って
しまったのです。あんまり頑張って作っても、「在庫」が増える
ばっかりなのです。先日のマツコさんのひと言で、池田町
よねくらの「バナナ饅頭」が人気を集めているようですが、
マツコさん、お守りも見てくれませんかねぇ・・。

2018/09/14 (FRI)
▲Top

失せ物 発見!
 時々、日常的に使っている「物」が見当たらなくなります。
「あれぇ〜、どこへ行ったのか・・?」。勿論それらは、自力で
動くような物ではありませんから、自分がどこかへ置き、その事実
あるいはその場所を忘れてしまっているのですが・・。今回の
「失せ物」は、A4の書類を束ねたファイルです。それなりに
大きな「物」ですから、まさか間違えて捨ててしまったとは
思えません。まず、いつも置いてある場所を2、3回ひっくり
返して探しましたが見つからず、違うファイルに挟まっていないか、
どこかの棚の上に置いてしまったのかと心当たりを探し回り、丸太
小屋の中や車の中まで“出張”しましたが、やっぱり出て来ません。
う〜ん、いったいどこへ行ってしまったのか・・。結局、「まあ
そのうち・・」と、その時は一旦諦めました。そして次の日、
「もしや・・」と気付いて“そこ”を見たら、「ああ、こんな
場所に・・」という場所にありました。「そんな」ところに
突っ込まず、使ったらちゃんと元の場所に返せばいいのですが、
それをつい怠ってしまうので、こうして必死になって探し回る
羽目になってしまうんですよね。過去に何度も痛い目に合って、
分かってはいるのですが・・。

2018/09/13 (THU)
▲Top

ストーブ
 一昨日、冷たい雨が降っており、寒さに負けて夕方にちょっと
ストーブを点けてしまいました。これが今秋の「ストーブ初日」
でした。昨日の朝は道北の方で、最低気温が氷点下を記録、今朝も
結構寒い朝でした。ということで、またちょっとストーブの
お世話になってしまった次第です。北海道では震源地の近くに
あった大きな火力発電所が故障してしまい、「普段より20%の
節電を・・」とのお達しが出ています。当方のもそうですが、
北海道の灯油ストーブは着火や運転の動力が電気です。この緊急
事態ですから、本当ならなるべくストーブは我慢するべきなので
しょうが、寒いのは辛い・・。他の部分で“節電”していますので
どうか、お許し下さい・・。

2018/09/12 (WED)
▲Top

棚が淋しい・・
 北海道全体をブラックアウトさせた“大停電”から、数日が経ち
ましたが、まだ近所のスーパーの商品棚はスカスカの状態です。
やっと生鮮食品の一部が並び始めましたが、「お一人様 1個」の
表示があったりして、まだまだ異常事態です。停電で工場がダウンし
ガソリンスタンドのダウンでトラックなどでの流通がダウンし、
「ダウン」の連鎖で北海道民の暮らしそのものが「ダウン」です。
確かに地震は自然災害ですが、その後の全道的な大停電には、
北海道電力の経営上の問題もあると思いますよ。こんな時に言うのも
何なのですが、「第三者委員会」でも立ち上げて、しっかり検証して
くれなくては・・。

2018/09/11 (TUE)
▲Top

鉄道の不通
 災害時にはいつも、鉄道が不通になります。強風・大雨・大雪
・・その原因は様々なのですが、今回は“大地震”です。JR
北海道は今回の地震で不通になっていた鉄路を順次復旧させて
います。しかし南千歳から分岐して帯広方面へ向かう石勝線は、
震源に近いあたりの線路が傷んでおり、まだ運転再開の見通しが
立ちません。最近この会社は災害で線路が壊れると、「これ幸い
・・」とばかりに、「では廃線に・・」と平気で言い出すので
こちらは戦々恐々です。さすがにここはメインの鉄路ですので、
まさかそのまま放ったらかしにはならないと思いますが、何とか
早く回復させて欲しいものです。それに今回は関西空港への
連絡橋の損傷や、空港自体の被災も北海道観光への悪影響は
甚大です。相手が大自然では文句も言えませんが、それに
負けない努力と知恵も、人間には必要ですよね。

2018/09/10 (MON)
▲Top

再び、復活!!!
 停電が解消してほっとしたのも束の間、今度はなぜか固定電話と
パソコンが「不調」になってしまいました。パソコンはインター
ネットへの接続が出来ませんし、電話は受話器を取っても、
うんともすんとも反応が無いのです。当初は当方の機械が壊れた
のかと思い、なかなか繋がらない携帯電話で関連会社に問い合わせ、
「修理の工事」をお願いしました。会社側の説明では、「多分、
ルーターの故障のようですが、係の者が行って点検してみないと、
何とも言えません・・」でした。しかしその後、これは当方だけの
「不調」では無く、全道的な停電の影響で、通信関連の機器が
広範囲にダウンしたことが判明しました。う〜ん、次から次へと
・・。結局、これも回復まで丸1日かかり、ようやく昨日の夕方に
直りました。本当に、普段の生活がいかに安定していたのか、
そして災害がそれらにいかに深刻な打撃を与えるものなのかを
思い知らされた毎日でした。ただし、実は現在、もう一つの
“困難”に直面しているのです。重要な書類が入った速達便の
封筒が、未だに届かないのです。郵便事情も大混乱なのは了解
してはいるのですが、やっぱり、いつまでも届かないのは困るの
ですよ・・。

2018/09/09 (SUN)
▲Top

パソコンと電話が不調
停電は解消したのですが、今度はパソコンと電話がダメです.
宿業なのに、電話が使えないなんて、最悪です。パソコンに
メールを頂いても、読むことも返信することも出来ません。
この「更新」は、コタンクさんのタブレットを借りてやって
います。嗚呼、使いにくい・・。地震の被害、甚大です。

2018/09/08 (SAT)
▲Top

復旧!!!
 皆様、昨日の地震のため「北海道」は甚大な被害を蒙りました。
まずは直接被災された皆様に、こころよりお見舞いを申し上げます。
また、台風21号で被災されました全国の皆様にも、同じ気持ち
です。
 台風は北海道の主に道南方面にも、強風の被害をもたらしました。
しかし翌早朝の直下型大地震の打撃は、それを遥かに凌駕するもの
でした。地震の直後に全道的に広範囲な停電が起き、当方も昨日の
夜寝た時点ではまだ停電中でした。深夜0時頃、一度目覚めたの
ですがその時はまだ停電が継続しており、「ああ、これはだめかな
・・」と落胆のうちに再び“ふて寝”いたしました。ところが先程
目覚めたら、「おお、電気が点いている!!」でした。「ああ、
良かった!!!!!」です。ほとんど丸24時間、停電していた
ことになります。我々が34年前にここで宿をオープンして以来、
最長の停電時間は数時間程度です。こんなに長い停電は初めてで、
本当に電気の有り難さが身に沁みました。復旧にご努力を尽くされ
ました関係者の皆様、本当に有難うございました。感謝いたして
おります。そして、今後は、更に一層、電気は大事に使わせて頂き
ます。
 昨日は1日中停電中のため、「情報」は断片的にラジオで得て
いたに過ぎません。地震の被害の状況はまだ正確に理解はして
いませんが、北海道の経済・交通・観光に膨大な悪影響を与える
ことになるかと思います。いろんな面で苦闘する「北海道」に、
さらなる試練が下されてしまいました。正に“ためされる大地”、
みんなで協力して乗り切るしかないですね・・。
 昨日は、多くの方から「お見舞い」のお電話・メールなどを
頂きました。本当に有難うございました。停電のため、パソコン・
固定電話は終日使えず、携帯電話も繋がりにくい状況でした。
当方は、地震の揺れそのものは震度4でしたので、建物・人とも
無事でした。どうか、ご安心下さい。
 

2018/09/07 (FRI)
▲Top

通過中
 全国、特に関西方面に唖然!!とするような被害をもたらした
台風21号が、現在北海道の西方を通過中です。まだ夜なので、
こちらの被害状況は定かではありません。しかし十勝はそれほどの
大雨ではありませんでしたし、昨夜から強風が吹き荒れていますが、
わが家の車はひっくり返ってはおりません。何とか、やり過ごせ
そうです。それにしても、台風の災害というのも「とてつもない
ものだ!」ということを、再認識させる21号でした。「地震や、
大津波、集中豪雨だけが自然災害じゃあないよ・・、俺も忘れ
ないでね・・」と言う、台風の自己主張ですかね・・。

2018/09/05 (WED)
▲Top

クリのイガ
 庭のクリの木の下に、大量の「イガ」が落ちています。特に強風が
吹いたわけでも無いのに、自然に落ちていました。まだ青くて小さく
何個か剥いてみましたが、未成熟の小さな実がちょこっと入っている
だけです。「ああ、もったいない・・」、あと1ケ月ほど我慢したら
ちゃんと食べられるようになるのに・・。もっとも、近年ますます
成長しているクリの木の本体には、まだまだ大量のイガが付いて
います。もしかしたら残っている実を大きく育てるために、自己
本能で“摘果”しているのかもね・・。

2018/09/04 (TUE)
▲Top

空かないなぁ・・
 このところ頻繁に、しばらく先に搭乗・宿泊が決まっている
航空券・ホテルの時間や部屋の内容を変更しようと、パソコンを
開ける度にチェックしています。しかし何度やっても「空き無し」で
何ともなりません。まあ、大混雑している時期や地域ですので、
「希望通り」ではないものの、取り敢えずは予約が取れているだけで
満足するべきか・・。とは言え僕のことですから、直前までしつこく
“挑戦”は続けるのですが・・。

2018/09/03 (MON)
▲Top

おまけ
 今日は9月になって、もう2日なのですが、日曜日です。なので
「新学期」は明日の3日(月)始まりですね。2日間、“得”をした
ように思っている子ども達も多いのかな?・・。まあ、8月いっぱい
「夏休み」との考えは、台風が東京を通過した時点で「去りました
・・」との、無礼な報道の感覚と同じです。「夏休み」は、北海道
などの北国では元々10日間ほど短かったりもしますし、最近は
“授業時間確保”のため・・などと、短縮されたりもしています。
全国標準では無いのですね。しかしこれは、「季語」みたいな
ものか・・。9月になったら、気分一新して「新しい始まり」!
ちょうど北海道も、これまで曇天が多かったどんよりした空気が
入れ替わって、すっきり晴れました。南の海には9月の“象徴”の
台風も接近していますが、その前に何日かは好天になりそうです。

2018/09/02 (SUN)
▲Top

秋の気配
 北海道ではすでに8月中旬に大雪山系で「初雪」が降り、その頃は
平地でも、最低気温が5℃くらいまで冷え込んだ時期がありました。
その後は暑かったり・涼しかったりの「一進一退」で、お天気が良く
無かった日も多く、あんまりスッキリ晴れませんでした。このため
朝方に放射冷却が起こらず、ぼやっ〜〜とした“涼しさ”でした。
昨日も午後に少々晴れ間もありましたが、夜には結構強い雨も降り、
まだお天気は安定していません。しかし今日から9月、空の北側
半分は黒っぽい雲に覆われていますが、南側には「秋空」風の青空も
見えます。爽やかな十勝の秋、間もなくそんな季節です。

2018/09/01 (SAT)
▲Top

Writer: 北八