楽●天 :

+ Total: 041490 + Today: 0002 +
きんぎょのつぶやき
きんぎょ邸* Admin *|RSS

DKLog.JP::Diaryあしあと

■ 2017/11/15 小説を読む
■ 2017/11/05 ご縁ばかりはわからない
■ 2017/11/02 いろいろなできごと。

小説を読む
 今月は小説読む月間にしようと、文庫本を購入しました。
 カズオイシグロさんの「わたしを離さないで」翻訳版です。
 静かで、平和で、幸せで穏やかだった時は流れ、過去のものとなり、
今、佳境です。この先どこに流れ着くのか、希望や夢は与えられるのか、
私に残す印象は。
 架空の世界ですが、広く世の中を見渡すきっかけになるのかもしれません。

 現代の小説を読む機会をなかなか持たなかったのですが、普段から
あまり小説は読まないタイプですが、ノーベル文学賞のニュースは
私の背中を押してくれました。
 現代のノーベル文学賞を受賞した作家の作品を読むのは初めて
で、大江健三郎さんの作品もまだ読んだことがありません。

 この話を友にしたところ、宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証」
を紹介されました。私は宮部さんの作品を読んだことがありませんが
友も初めての作品だったと言っていました。

 友は図書館でもさまざまな小説を借りては読んでいるそうで、
私は実用書ばかり借りているので、今度は小説にもチャレンジして
みたいと思いました。

 ファンレターを書いた平原綾香さんにも、小説を読むことをお勧め
しました。夜の10分間でも小説に浸るのは、リフレッシュになると
思います。「ツバキ文具店」は夜読むのにお勧めの小説です。いずれ
また読み返したいです。

 そういえば、私はまだ「ツバキ文具店」の感想を書いていませんでした。
いろいろ思いはありますが、また読み返したい良書だと思います。

 ああ、それに平原綾香さんのコンサートチケット、手に入らなかったのです。
先行予約に間に合いませんでした。25日に一般販売だそうなので、
そこに望みをかけたいと思います。

 1月28日のJupiter基金チャリティーコンサート、3月
の舞台のチケット。手に入りますように。

 




2017/11/15 (WED)
▲Top

ご縁ばかりはわからない
 先日、先生がきっかけで、86歳の先輩と中央線でご一緒に
なりました。
 同窓会のパーティーの幹事を引き受けたことがきっかけで
世界が広がったのです。
 今までの関係に変化がありました。
 大変親しくしていてももう会わないかもしれない別れが
ありました。
 幸せを願っていますが、顔を合わせる機会があるかないかは
分かりません。
 親しくはしていなかった、知らなかった、初めて会う方と
ご一緒する機会が増えました。

 42歳、まだまだ成長と変化と新しいご縁はあるようです。

 初めて会った方と、お話が盛り上がったり、また、親しくはして
いなかったけれど、幹事の仕事を通じて知り合った先輩と
行動を共にして、楽しい思い出が作れたりしました。

 新しい世界はワタシに豊かさをもたらしてくれました。

 人生にはまさかがいっぱい。

 いいことも残念なことも想像は及ばないところにいっぱい
用意されていました。

 もう直接は伝える気持ちはないけれど、自分で勝手に決めたりせずに
ただ感謝と、思いを送ることをしたいなって思っています。

 私の80代、90代、をイメージするとき、穏やかで健やかで
いたいと強く思います。

 私は23歳から38歳くらいまではずっと苦しみの中にいた
気がします。
 39歳から42歳は幸せで穏やかな気持ちでいます。

 苦しみの中でも、楽しみや喜びはいっぱいあったと思いますし、
幸せで穏やかな中にも大きな波や嵐が吹いたこともありました。

 どちらか、ということよりも、どちらも一生懸命でありたいという
願いは変わらないと思います。

 人に認められる、ということはあまりないし、人に裁かれることは
たくさんある、ということもあると思います。人は簡単に人を裁く
ということもあると思います。

 私自身いろいろな経験を通して今に至っています。

 問題なく平穏に暮らすことの大切さと、難しさを痛感しながら。

 イベントやエピソードのない日常を豊かに暮らすこと、今の目標です。

 風邪や怪我に侵されないで安定した暮らしを過ごすこと。

 私の思いがわたし自身にきちんと届くように。。

 感謝の思いを抱きながら。

2017/11/05 (SUN)
▲Top

いろいろなできごと。
 母校の短大の学園祭に遊びに行ってきました。
 美術部の先生が退官されて、ご縁がなくなるかもと危惧して
いましたが、現在は同窓会のつながりで、先輩や後輩とご縁が
持てて、遊びに行くと、知り合いと再会できるので、楽しく過ごす
ことができました。
 
 13時に到着。
 同窓会の運営している、お茶をいただき、
 退官されたばかりの学長だった先生とご挨拶ができ、
 同窓会会長に挨拶ができ、久々にお会いする先輩にご挨拶ができ。
 パンケーキを食べ、東京支部の先輩と久々に再会し、ご一緒に
新しい体制になった美術部に遊びに行き、お菓子に絵を描く体験を
し、残った金券で、お茶をいただき。
 音楽室で学生の演奏を聴き、
 同窓会の運営するバザーで買い物をして、
 先生のご主人の運転する車で国立まで送っていただき、
 先輩⁽86歳!⁾と、国分寺でお別れするまでご一緒に電車に
乗って、私は精神科の外来に行きました。

 今日は「運動命って笑われるんだけど、本当に私の老後は幸せで
私は幸せ者だと思っています。本当に感謝しています。」という
言葉を聞いて、ますます母校の幸せな老後を送っている先輩を
目指したいと強く思いました。

 母校で若さエネルギーを浴びて、リフレッシュできたあと、
外来に行きました。

 先生曰く「顔がピンク色になっていて、元気そう。」と言って
いただきました。

 最近、自分で立てた予定が立て込んでいて、忙しくなっている、
という話を伝えて、断る勇気も大切というアドバイスをいただき
ました。

 ガスが溜まることを伝えたところ、ビオフェルミンを処方して
くださいました。1週間飲んで、腸内細菌が整って、ガスが溜まらなく
なるか様子を見るようにとのこと。1週間飲んでも変わらなかったら
別のことを考えなくてはならないそうです。

 私は薬を1ミリ2錠に変化したことで、時間はかかるけれど徐々に
慣れていくもの、という考えですが。。

 その後、地元の友人とベーカリーカフェクラウンで、お茶をして、
なんと、30分も待たされて、いい加減うんざりしてしまっている
のですが。⁽いつも遅刻してくるので⁾

 帰宅したころ、就労支援の方からメールが来ていました。
 勤続年数、名前、働いている企業の公表をしてもかまわないか、
という話。。

 もっと、私たちは話し合って理解しあわないといけないと思い、
お断りを伝えました。

 家庭において、私がワタシらしくいられること。職場において
私が働き続けることができること。

 それは尊厳を与えられて、認めてもらっていると感じているから。

 「断る勇気」

 依頼が来た時、考えて行動すること、大切だと思います。

 私が一人だったら、二つ返事でほいほいと参加することも
家族の思いや今後のことを熟慮したとき、違う答えが出てくる
こともあります。

 今回、断ることを選択しました。

 また、集まりにも参加しないことを決めました。

 それが今の私の選択です。

 どのような道に導かれていくのか、先は見えませんが。

 先輩の言葉を、約40年後の私もできればきんぎょのつぶやきで
つぶやいてみたい。

 それは感謝と幸せという心からのつぶやき。

 私は本当に今の環境に感謝しています。
 すべての思いには答えられないけれど、いつか分かりあえることが
できる。それを信じる。

 少し交流が少なかったようにも思います。互いの思いを伝える場面が
少なかったと思います。

 とことん話し合い、気持ちを伝えあって先に進んでいきたい。

 私は病気で、それを理由に仕事を選んで今に至っています。
 助けもたくさんあります。

 それを世間に公表してみなに知らしめることがどんな化学反応が
起こるのか、想像できません。

 理解しあいたい、尊厳を守りたい。

 尊厳について私は習ったことがなかった気がします。

 気持ちが傾くようになったのはやはりTwitterで
のツイートを読んだときだったと思います。

 私は昨日、カズオイシグロさんのわたしを離さないでを紹介され、
自分で購入しました。

 まだ第5章までしか読み進めていませんが、テーマが尊厳な
気がしています。

 お互いの尊厳を大切にする。思いは違えども。

 メールでのやり取りだけでなく、もっと話し合いたかった。
 気持ちを確かめ合いたかった。

 答えは今の答え。未来の答えではない。

 デイケアは大好きな場所でしたが、あまりに高かったので、
心苦しさがありました。絶対に行かなければ居場所のない方、
元気になろうという方向に向かっている方が行くべきで
私のようなタイプは長居する場所じゃない。そんな思いが
ありました。

 デイケアで入会当初よりも元気になっていく方を何人も
見ました。そして私もその中の一人でした。

 デイケアでは右を向けば同調して返事をしてくれる方々がいました。
穏やかで幸せでした。

 今入会している就労支援のNPO法人ももっともっと深く広く
関わりたい思いと、その道がどのような方法があるのか、見つけ
られないでいるのとがあります。

 自分の病気、人との関わり、自分の出した答え。

 正しいなんて終わってみなければわかりません。

 ただちょっと2017年後半は忙しいです。

 私は病気だけど、それを売りにしたくない。共存してるけれど
浸食されたくない。日記をつけ、頭の中を書き出して、整理し、
過去のような失敗を繰り返さない思いでいっぱいです。

 それを理解してもらいたい。その話を伝えたいし、伝わっている
かどうか確認したい。そんな思いもあります。

 私は贅沢なのでしょうか。欲張りなのでしょうか。

 今はわからない。顔が見えない場所でメールだけで返信したから。

 思いが届くかわからない。こんなにもおしゃべりなワタシが。

 テンションでいえば、今高いところにいるのかもしれません。

 だからつぶやいています。

 届くように。伝わるように。願いながら。

 そうやっていろいろな出来事を経験しながらひとつまたひとつ
前に進みます。

2017/11/02 (THU)
▲Top

Writer: きんぎょ